注目キーワード
  1. 3CX
  2. オフィス電話
  3. Gateway

Web会議の仕組み&3CXのWebMeeting特徴紹介

3cx

こんにちは。CCアーキテクトのカスタマーサクセス部です。
新型コロナウイルスのきっかけでWeb会議が急激に流行りだしました。インターネットを経由して遠隔地同士をつなぐことで同じ場所にいない人でも会議できるという利便性があるので、コロナの制限が緩和されてもWeb会議はまだまだ活用されています。今回はWeb会議の仕組み、それと3CXのWeb会議機能を紹介したいと思います。

Web会議とは

Web会議とは、インターネット(特にTCP/IP接続)を介して、ライブ会議、カンファレンス、プレゼンテーション、トレーニングなどを行うことができるオンラインサービスです。電話、またはVoIP接続によりコンピューターのスピーカーとマイクを使って会議に参加することができます。

Web会議に接続するには、ビデオ会議と同様に、Webカメラ、マイク、モニター、サウンドシステム、Webブラウザーが必要です。基本的なレベルでは、インターネット接続と音声/映像圧縮のためのコーデックも必要です。

Web会議は、大まかに言えば、Web会議、Webキャスト、ウェビナーなどのソリューションを提供します。また、オンラインイベントを開催するためのプラットフォームにもなり得ます。

Web会議プラットフォームには、高度な機能を組み込むことができます。画面共有、インスタントメッセージング、デスクトップ共有、リモートコントロール、ファイル共有、インタラクティブホワイトボードなどです。また、ユーザーが会議のスケジュールを設定し、出席者に自動的に招待状を送ることができるものもあります。

Web会議プラットフォームには、セキュリティ機能が必要です。Web会議ソフトウェアは、ユニファイド・コミュニケーション(UC)システムの一部となることができます。一般的に、企業は統合されたWeb会議ツールを使用することで、より多くの費用を節約することができます。

WebRTC – Web会議を支える技術

現代のWeb会議には、WebRTC技術が必要です。

これは、シンプルなアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を使用することで、Webブラウザにリアルタイム通信(RTC)機能を提供するオープンソースの技術です。この技術は、Chrome、Edge、Safari、Firefoxなど、主要なブラウザでサポートされています。

WebRTCの開発には、Google、Microsoft、Apple、Mozillaが主な貢献者として名を連ねています。WebRTCでは、ユーザーはリアルタイムの音声およびビデオ通信を楽しむことができます。この技術により、多数の参加者がいても高精細なビデオ品質を維持することができます。

WebRTCについてまた今度詳しく説明したいと思います。

なぜWeb会議を利用するのか?

ウェブ会議ソリューションは、対面式の仮想会議や音声のみの会議と比較して、多くの利点を提供します。

リモートミーティング – リモートワーカーやリモートオフィスは、多くの企業にとって現実のものとなっています。ウェブ会議では、インターネットに接続できる場所であれば、どこからでもチームメンバーや顧客と対面して会議を行うことができます。
・多忙なスケジュールの調整 – 同じ場所にいるチームでも、ビデオ会議システムを使用すれば、その場で簡単に会議を行うことができます。
・バーチャル会議室 – 堅牢なウェブ会議プラットフォームでは、画面共有、ホワイトボード、ファイル共有機能により、オンラインでの共同会議が可能です。
・モバイルでのアクセスが容易 – Web会議はインターネットを介するため、モバイルアプリを利用すれば、外出先からでも接続が可能。
出張費の削減 – 出張費を削減できるだけでなく、高額な役員会議室のレンタルを回避することができます。

Web会議ソフトウェアに3CXを使用する理由は?

3CX WebMeetingは、コミュニケーション・システムに統合されたビデオ会議ソリューションを提供します。

・参加者はダウンロード不要 – 会議参加者はブラウザ上で直接クリックして参加するだけです。ダウンロードやサインインは必要ありません。
無制限のライセンス – 3CXでは、ユーザーを無制限に増やすことができます。WebMeetingは3CXのすべてのエディションに含まれています(無料のStandardエディションも含む)
統合 – WebMeetingは、3CXのフルコミュニケーション・システムに組み込まれています。これにより、数回のクリックで簡単にミーティングを開催できます。
モバイルからの迅速なアクセス – ユーザーは、携帯電話から会議に参加したり、同僚に迅速なビデオ通話をしたりすることができます。
セキュリティ – 出席者はワンクリックで参加できますが、WebRTC技術により、そのユーザー固有の安全なリンクが提供されます。

詳しい機能について下記の動画紹介にてご覧ください。