注目キーワード
  1. 3CX
  2. オフィス電話
  3. Gateway

ウェビナー開催の準備手順と活用方法の紹介

こんにちは。CCアーキテクトのカスタマーサクセス部です。
コロナ禍で多くのセミナーがオンラインセミナーに切り替えています。特にBtoB向けのセミナーがほとんどオンラインで開催しています。今回オンラインでセミナーを開催するときの準備事項、またはオンラインセミナー(ウェビナー)の活用方法を紹介したいと思います。

ウェビナーとは

ウェビナーは、通常、ビデオ会議ソフトウェアを使用して実施されるビデオ・ワークショップです。ウェビナーは、音声やチャットでウェビナーの主催者と直接対話することができるライブの聴衆に配信されます。このことから、ウェビナーを開催することは、営業担当者やサポート担当者が対象者と直接関わることができるユニークな機会を提供することになります。

ウェビナーを次のことに利用しましょう:
・トレーニングおよびeラーニング
・オンライン会議と懇談会
・オファーとプロモーションの紹介
・戦略的なビジネスの発表
・Q&Aセッション
・製品デモンストレーション

ウェビナーを開催するメリットは何ですか?

ライブ・ウェビナーは、あなたのビジネスの知名度を飛躍的に向上させることができる、使い勝手の良い営業ツールです:

・使いやすさ:ITサポートスタッフなしで、数分でウェビナーを立ち上げ、開催することができます。
・より質の高いリードをより安価に獲得:何百人もの潜在顧客に製品やサービスを紹介できます。
・参加者を惹きつける:製品ビデオとウェブサイトをシームレスに切り替え、再びプレゼンテーションに戻すことができます。

始めるのに必要なものは何ですか?

ウェビナーの内容を紹介しながら自由に動けるように、良質のウェブカメラ(スマートフォンやパソコンの内蔵カメラで十分な場合もあるので、まず確認してください)、マイク、ワイヤレス・ヘッドセットを購入することをお勧めします。何よりも、ブラウザからアクセスできる安全で堅牢なウェビナー・プラットフォームを選択することで、参加者を最大限に増やすことができます。

ウェビナー・プラットフォームを選択する際の主な検討事項:

・ウェビナー・ソフトウェアは、ウェブ・ブラウザでアクセスできるものであること
・セキュリティ・リスクを最小限に抑えるため、URLは安全かつランダムで暗号化されていること
・プラットフォームは、マイクとカメラの使用許可を明示的に求めること(これにより、「ズームボミング」などの問題を回避することができます)
・チャット、パスザマイク、画面共有が組み込まれていること
・ファイル共有、ポーリング、ホワイトボード機能を提供すること

ターゲットに登録を促すにはどうしたらよいでしょうか?

ウェビナーのマーケティング戦略を立てることは、ターゲットとなる視聴者に確実にコンテンツを届けるために必要不可欠です。幸いなことに、ウェビナー・ライブの宣伝に時間やコストをかける必要はありません。ウェビナーの知名度を上げるには、いくつかの簡単な方法があります。

当社は、ベストプラクティスとして以下を推奨します:

・ウェビナー専用のランディングページを設置する。これには、参加者を追跡するための登録ページが必要です。
・ソーシャルメディアを利用してウェビナーを宣伝する。数日おきにランディングページや登録ページへのリンクを共有し、これから話す特定のトピックに関連する「スニペット」を使って聴衆のウォーミングアップを始めましょう。
・重要な論点を強調したブログ記事を作成し、ウェビナー参加者に今後の内容を紹介する。
・ライブのウェビナーを開催するだけでなく、ウェビナー録画ツールを活用して、当日参加できない参加者のために「オンデマンド」オプションを提供することも可能であることを忘れないでください。また、YouTubeチャンネルやソーシャルメディアのアカウントに録画を追加して、露出度を高めることもできます。

3CX WebMeetingを活用しウェビナーを始まりましょう!

3CXビデオ会議では、簡単にWebセミナーを開催し、参加者の登録を呼びかけることができます。3CXビデオ会議の強力なライブWebセミナー機能を活用して、Q&Aセッション、製品デモ、ビジネスアナウンスを対象者に配信できます。

・事前にスケジュールを設定し、参加者を招待
・内蔵のインスタントメッセージング
・ドキュメント、ビデオ、デスクトップ、ファイルの共有
・群衆コントロール。参加者のミュート、マイクの受け渡し、参加者1人のPCのリモートコントロールが可能
・ウェビナーを録画し、オンデマンドで再視聴可能

3CXの使い方や操作についてご興味がある方、無料のデモ環境貸出が可能なので、お気軽にお問い合わせください。