注目キーワード
  1. 3CX
  2. オフィス電話
  3. Gateway

ユニファイド・コミュニケーションとは?活用するシーンの解説も

こんにちは。CCアーキテクトのカスタマーサクセス部です。

大企業でも中小企業でも、適切なユニファイド・コミュニケーション・ソリューションを利用することで、ビジネスプロセスを次のレベルに引き上げることができます。コラボレーションを改善し、生産性を高め、モビリティを向上させ、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

ユニファイド・コミュニケーションは何のことでしょうか?

ユニファイド・コミュニケーション(UC)とは、デジタルワークフォースにおけるさまざまなコミュニケーションツールの相互作用とコラボレーションの方法を指します。電話、Web会議、SMS、電子メールなどを統合することで、ユーザーはデータの共有やアクセス、リアルタイムでのコラボレーションが可能になります。

コミュニケーションチャネルの種類

様々なコミュニケーションチャネルがありますが、ここでは一般的に使用されているコラボレーションツールのいくつかをご紹介します。

・電子メール
・テレフォニー(固定電話、携帯電話、VoIPベースの電話システム)
・オーディオ/ビデオ会議
・インスタントメッセージング
・ステータス(個々の連絡先が利用可能か、忙しいか、不在かを表示する)
・ソーシャルメディア(Twitter、Facebook、Whats App、Instagramなど)

これらのコミュニケーションチャネルの中には、情報が一方向に配信され、遠隔地にいる人が自由に閲覧できるように(ほぼ)無期限にアクセスできる「ストア&フォワード」タイプのものがあります。

一方、「リアルタイム」で、迅速な応答(他の作業を中断することも多い)を必要とするものは、電話です。
これらの異なるコミュニケーション・ソリューションには、通常、交換される情報にアクセスするための「アプリ」が必要です。

注意を要するソリューションの数が増えれば増えるほど、それらをすべて効率的に管理することは難しくなります。

なぜユニファイド・コミュニケーションを選ぶのでしょうか

ユニファイド・コミュニケーション(UC)とは、すべての「アプリ」(つまりコミュニケーション・チャンネル)を統合し、ユーザーがいつ、どこで(自宅、職場、車内、電車内など)どのデバイス(ノートパソコン、タブレット、スマートフォンなど)でアクセスしても、すべての情報に簡単にアクセスできるようにする市場の取り組みを示す総称です。

UCソリューションは、通信チャネル間の境界線を効果的にぼかすことができます。
例えば、ボイスメールを受信したユーザーは、そのメッセージに電子メールまたは任意の電話機からアクセスすることを選択することができます。

送信者の状態はプレゼンス情報によって確認でき、オンラインの場合はテキストメッセージやビデオ通話ですぐに応答を送信することができます。


UCソリューションの目的は、簡単に言えば、ビジネスコミュニケーションの統一と合理化、従業員の効率化、顧客満足度の向上にあります。

ユニファイド・コミュニケーションのメリット

・エージェントの効率と生産性を向上させます。
・従業員や部門間のコラボレーションを改善します。
・モバイルおよび遠隔地の従業員を可能にします。
・ユーザーエクスペリエンスとカスタマーサービスを向上します。
・コスト削減 – 管理・保守の手間を軽減します。

UCソリューションとして3CXを選ぶ理由

3CXは、通話とビデオ会議、ライブチャット、ビジネステキスト、Facebookメッセージ、ステータスなどを統合した、シングルプラットフォームのユニファイド・コミュニケーション・ソリューションです。すべての内蔵コラボレーションツールは、オンプレミスまたはホスト型ソリューションとして標準装備されています。

3CX UCソリューションの活用方法

同僚のステータスを確認する – 高価なボイスメールタグを排除し、顧客を苛立たせる不必要な電話の転送を避けることができます。
ファックスとボイスメールを受信トレイに配信 – ボイスメールを受信トレイに転送し、電話をかけなくても聞くことができます。FAXはPDFファイルとしてメールに受信されます。
ライブチャット、FB、ビジネステキスト – ウェブサイトの訪問者とリアルタイムでチャットできます。3CXのFacebook統合とビジネス向けテキストメッセージ機能を使用すると、ユーザーは3CXコンソールから直接すべてのメッセージングチャネルを管理できます。
モバイルアプリでリモートワーク – 3CXにはiOSとAndroid用のモバイルアプリがあり、外出先でも通話やビデオ通話を管理することができます。

併せて読みたい:FacebookとSMS連携機能

3CXの使い方や操作についてご興味がある方、無料のデモ環境貸出が可能なので、お気軽にお問い合わせください。