注目キーワード
  1. 3CX
  2. オフィス電話
  3. Gateway

3CX WebMeetingの機能紹介ーPDF共有

3cx

こんにちは。CCアーキテクトのカスタマーサクセス部です。3CX WebMeetingが様々便利な機能が付いております。今回はまずWeb会議中PDFを共有する機能について詳しく説明したいと思います。

PDFファイル共有機能は何ですか?

PDFファイル共有は、Googleドキュメント、PowerPointプレゼンテーション、その他のドキュメントをPDF形式に変換し、ミーティングやウェビナーの参加者にリアルタイムでアップロードして閲覧させることができます。

個別にドキュメントを共有する代わりに、ブレーンストーミングやフィードバックセッションで共同作業者がプロジェクトに貢献できるようにします。顧客、取引先、同僚との遠隔コラボレーションに理想的な方法です。プレゼンテーションのポイントを案内し、参加者がPDF文書と対話できるようにします。

PDFオンライン共有のメリットは何ですか?

共同作業者間でPDFファイルを共有することで、迅速、簡単かつ安全にコンテンツを共有し、あらゆる場所にいる参加者からチャットのコメントパネルで議論し、フィードバックを収集することができます。

さらに、こんなこともできます:

・個々のディスカッション、ファイル転送、電子メールのスレッドを必要とせず、コンテンツを共有し、既存または潜在的な顧客のホストに一度にプレゼンテーションを行うことができます。PDFファイルのアップロードは数分で完了。
・Google Driveのドキュメントへのアクセス権を付与したり、ドライブやDropboxへの直接リンクを共有したりする必要はありません。さらに、会議は完全にオープンにして公開リンクで共有することができ、セキュリティに妥協することなく、プレゼンテーションの聴衆を広げることができます。
・ミーティングやコラボレーションセッションは、モバイルデバイスから簡単に参加することができ、どこにいても参加することができます。
・会議中に提案を集めて評価し、元のファイルを非公開にすることで、文書やプロジェクトに不正な変更が加えられるのを防ぎます。
・PDFプロジェクトやプレゼンテーションをオンラインで共有することで、ミーティングのための移動とセットアップにかかるコストと時間を削減することができます。

強力なコラボレーションとリモートチームワーク

リモートワーカーは、自宅のオフィスからオンラインドキュメント、共有フォルダー、会社のプロジェクトにアクセスすることができます。

PDFファイルの共有は、ブレーンストーミングやフィードバックセッションに視覚的な側面を提供することで、このコラボレーションをさらに進化させます。

参加者は共有ドキュメントを見るだけでなく、オフィスにいるのと同じようにリアルタイムで貢献することができます。オンラインミーティングに同僚を招待して、ブレーンストーミングを始めましょう。さらに、音声、チャット、ビデオ、ホワイトボードを追加して、魅力的なミーティングを実現することができます。

3CX WebMeetingの活用方法

3CX WebMeetingは、3CXのソフトウェア・コミュニケーション・システムの統合ビデオ会議ソリューションです。

このソリューションにより、ユーザーはどこにいても対面式の会議やコラボレーション・セッションを開催することができます。参加者は、画面の共有、投票の作成、他の参加者のWindowsコンピュータのリモートコントロール、ブレーンストーミングセッションでのオンラインホワイトボードの使用、プレゼンテーション用のPDFファイルのアップロードを行うことができます。

ブレーンストーミングセッションやミーティングでは、他の文書やファイルをチーム内で共有する必要があります。3CX WebMeetingでは、PDFのほかにも、WordやExcelのドキュメントなど、あらゆる種類のドキュメントやファイルを共有でき、会議を円滑かつ生産的に進めることができます。

3CX WebMeetingでPDFのプレゼンテーションを共有し、会議を活性化させましょう。

主な機能

・PDFプレゼンテーションの共有
・簡単な操作
・ドキュメントやファイルの共有
・テキストチャットとファイル転送
・オンラインホワイトボードでより効果的なブレーンストーミングが可能
・アンケートの作成とフィードバックの収集
・他の参加者のデスクトップをリモートコントロール

今回は3CX WebMeetingのPDF共有機能を紹介しました。実はPDF共有機能以外、他の便利機能がたくさん搭載されております。また次回紹介します。

3CXなど最新の技術情報を公開しております。詳しくは弊社のサポート情報サイトにてご覧ください。
https://portal.cc-arc.com/ja-JP/