注目キーワード
  1. 3CX
  2. オフィス電話
  3. Gateway

3CXのAndroidアプリ最新版機能追加ーOK Google!対応、新しいチャット機能

3cx

新年あけましておめでとうございます。CCアーキテクトのカスタマーサクセス部です。今年も何卒よろしくお願いいたします。

今年3CXも色々チャレンジしております。まず新年第一弾のお知らせは3CXのAndroidアプリの最新版に、多数機能が追加されました。どんな新しい機能が追加されたか、今回詳しく紹介したいと思います。

3CXのAndroidアプリがGoogleアシスタントとの統合

3CXのAndroidアプリがGoogleアシスタントと統合されました! 外出先やお気に入りのワイヤレスヘッドホンとの組み合わせで、ハンズフリーで通話ができます。Googleにお任せください。
(※本機能は言語英語しか対応しておりませんのでご注意ください。)

OK Google! アシストして

3CXを使って、Googleアシスタントに名前または番号による通話を開始させます。

そうするためには・・・
・デバイスでGoogleアシスタントを有効にします。
・デバイスとGoogleアシスタントの両方の地域が “英語(米国)”に設定されていることを確認します。
・アクティブなアカウントで3CXアプリをインストールします。
・OK Google, call (name or number) using 3CX” のようにGoogleに尋ねるだけでOKです。

番号で発信する

例えば、「Ok Google, call 103 using 3CX」と頼むと、Googleアシスタントが3CXアプリを起動して電話をかけます。
3CXアプリはいつでも呼び出すことができます。
「OK Google, open 3CX 」と言えば、いつでも3CXアプリを起動できます。

名前で発信する

名前で呼び出す場合、Googleアシスタントは、お使いのデバイスの連絡先から相手を探し出し、3CXアプリに渡そうとします。
・1つの番号を持つ連絡先が1つだけ見つかった場合、通話は直ちに開始されます。
・連絡先に複数の番号がある場合、3CXアプリは連絡先カードを開き、通話する番号を選択できます。
・同姓同名の人が複数いる場合、3CXアプリはすべての連絡先を名前でフィルタリングし、正しい連絡先を選択できるようにします。

新しいチャット機能

今回のアップデートでチャット管理へのいくつかの追加と、「アクティブに保つ」機能の改善が含まれています。

チャットで送信された画像のクイックプレビュー

チャットで受信した画像添付を、端末の通知パネルからプレビューで確認できるようになりました。「返信」「既読にする」などのクイック返信オプションにより、メッセージの管理が容易になりました。

チャット転送によるチームでの共同作業

テキストをコピー&ペーストして転送するのは、イライラすることがあります。

今、あなたは簡単に他の拡張機能またはグループにテキストや添付ファイルを転送することができます。これを行うには、長押しして単一または複数のテキストと添付ファイルを選択し、チャットのヘッダーにある転送アイコンをクリックします。

チャット参加者の管理

今回のアップデートでは、チャット参加者をより自由にコントロールできるようになりました。チャットに参加者を追加するには、「もっと見る」アイコンを選択した後、「参加者を追加する」オプションを使用します。グループチャットの管理は、グループチャット名をタップし、’+’アイコンで追加、’x’アイコンで削除することができます。

接続されたBluetoothデバイスの切り替え

オーディオデバイスの切り替えがさらに簡単になりました。

通話中に「イヤーピース」を選択すると、接続されているBluetooth機器も含めて音声出力を選択できるようになりました。
これは車載機器にも適用されますが、「Android Auto」の分類には入りません。
注意すること
1.この機能は、Android Version 9以上でのみサポートされています。
2.Android Version 12以上では、接続されているBluetoothデバイスを表示するための権限が必要です。
3.Telecom APIの設定が有効であることが必要です。

再起動後に「アクティブを維持」する

「Keep Active」機能は、アプリがバックグラウンドで登録された状態を維持する機能を提供します。今回、有効にすると「Keep Active」の設定が保持され、再起動やアップデート時に自動的に起動するようになりました。
注:Oppo、OnePlus、Xiaomi、Redmi、およびHuaweiの携帯電話では、この機能を使用するためにシステムOS設定で追加の手動手順が必要です。
ダイアログボックスには、エンドユーザーが従うべき指示が表示されます。

その他の修正と改善

・ネイティブの通話履歴アプリで着信/発信履歴を表示する機能を追加
・QRスキャナのライブラリをGoogleの推奨に基づき更新
・システムデフォルトのテーマ選択を追加

今すぐダウンロード

Google Play Storeで最新のAndroidアプリベータをダウンロードし、3CXインスタンスが最新バージョンで動作していることを確認してください。

変更履歴はこちらです。