注目キーワード
  1. 3CX
  2. オフィス電話
  3. Gateway

IP PBX / VoIP電話システムとはどのような仕組みですか?

こんにちは。CCアーキテクトのカスタマーサクセス部です。

新しいビジネス電話システムを探しているなら、IP PBXやVoIPなど、理解しなければならない略語に出くわしたことがあるはずです。このページでは、IP PBXの仕組みについてご紹介します。

IP PBXとは?

IP PBXとVoIP電話システムという用語は、音声伝送にIP(Internet Protocol)を使用するビジネス電話システムを表すために、しばしば同じ意味で使用されます。したがって、VoIPは単にvoice over internet protocolの略です。

個人用電話システムの交換機部分はPBXで、これはPrivate Branch Exchangeの略です。3CX IP PBXのようなIP PBXシステムは、ほとんどの最新のVoIP電話システムの中心的なコンポーネントです。これらのシステムは、IP PBXサーバー、VoIP電話、そしてオプションとしてVoIPゲートウェイで構成されています。

IP PBXサーバーは、プロキシサーバーに似ています。SIPクライアント(ソフトフォンまたはハードウェアベースの電話)は、サーバーに登録し、電話をかけたいときはIP PBXに接続を確立するよう依頼します。

IP PBXは、すべての電話/ユーザーのディレクトリと、それに対応するSIPアドレスを持っています。これにより、IP PBXは内線通話を接続したり、VoIPゲートウェイやVoIPサービスプロバイダを経由して外線通話を目的の宛先にルーティングすることができます。

VoIP電話システムとはどのような仕組みなのでしょうか?

VoIP電話システムの中核となるのはIP PBXです。下図は、ソリューションを完成させる残りのコンポーネントを示しています。

それでは、構成要素をもう少し詳しく見てみましょう。

企業ネットワーク

これは会社のローカル・ネットワークで、ソフトフォン(3CXのウェブ・クライアントをチェック)、IP電話などのSIPクライアントを実行しているコンピュータは、これを通じてPBXに直接接続されます。

会社のルーター/ファイアウォール

会社のルーターやファイアウォールはインターネットに接続し、そこからリモート内線に接続することができます。リモート内線には、PBXのソフトフォンを実行しているパソコン、リモートIP電話、3CXのAndroidおよびiOSアプリを実行しているモバイルデバイス、ブリッジを介して接続されている他のPBXが含まれます。

VOIPプロバイダーを使用している場合、ルーターはPSTNネットワークに接続することもできます。

VoIPゲートウェイ

VoIPゲートウェイは、PBXをPSTNネットワークに直接接続し、アナログ電話回線からの着信に引き続き応答できるようにするものです。VoIPへの段階的な移行を行う企業にとって有用です。

VoIP電話システムのメリット

IP PBXシステムの主な利点の1つは、コストです。ライセンス料が安いだけでなく、オンプレミスのハードウェアが不要なため、メンテナンスやサポートなどの追加コストを削減することができます。VoIP電話システムの使用と管理に必要なのは、アクティブなインターネット接続だけなので、大企業にも中小企業にも完璧なソリューションとなります。

また、VoIPソリューションはインターネットの力を活用し、従来のPBXやアナログ電話システムでは不可能だった高度な機能を提供することができます。

その一例をご紹介します。

・統合されたビデオ会議
・ビジネス向けライブチャット
・オートアテンダント
・低価格の国際電話
・コンタクトセンター機能
・高度なコールルーティング

3CXのIP PBXをビジネス用VoIP電話システムとして選ぶ理由は?

3CXは一味違うIP PBXです。

市場で最も柔軟なソリューションとして、お客様のビジネス要件に合わせて電話システムを設定することができます。

導入方法の選択 – オンプレミス、クラウド、またはHosted By 3CXのいずれかをお選びください。
無制限ユーザー – 必要な同時通話数に対して支払い、無制限にユーザーを追加できます。
高価なハードウェアからの解放 – ソフトフォンだけで運用するか、3CXと完全に統合された主要なIP電話機から選択できます。
統合されたVOIPゲートウェイ – サポートされているVOIPゲートウェイでPSTNに安全に接続できます。

3CXの詳しい機能について、ぜひ商品紹介にご覧ください。


3CX紹介資料 | 3CX構築・Genesys構築のエキスパートCCアーキテクト株式会社 (cc-arc.com)