注目キーワード
  1. 3CX
  2. オフィス電話
  3. Gateway

SIPプロキシサーバーとは何ですか?(それは必要ですか?)

こんにちは。CCアーキテクトのカスタマーサクセス部です。以前SIPの基本について詳しくお話しました。今回はSIPプロキシサーバーについて紹介したいと思います。

SIPプロキシはとは?

SIPプロキシは、SIPサーバ、あるいはSIPプロキシサーバとも呼ばれ、2つのSIPアドレス間の通信を容易にします。どのSIPデバイスも、別のSIPデバイスと話すことができます。

しかし、そうするためには、通信を開始するための仲介者(SIPプロキシ)が必要となります。通信が開始された後、プロキシはドロップアウトし、ポイントツーポイント通信が可能になります。

SIPとは、Session Initiation Protocol(セッション開始プロトコル)の略です。SIPは、音声、ビデオ、インスタントメッセージなどのリアルタイム通信セッションを開始、維持、終了するために使用されます。SIPプロトコルの用途としては、VOIP通話、ビデオ通話、LTEでの携帯電話通話など、マルチメディア通信セッションのシグナリングと制御が挙げられます。

SIPプロキシサーバーの例として、3CX Free SIPサーバーがあります。

プロキシは何をするものですか?

コールルーティングをサポートします:IP Phoneが電話をかけると、プロキシサーバーにSIPリクエストを送信します。プロキシサーバーはリクエストを読み取り、それを正しい宛先にルーティングします。これは、ネットワーク内のリクエスト、リモートデバイスへのリクエスト、またはPSTNのような「オフドメイン」ネットワークへのリクエストになる可能性があります。

コールルールを処理します:SIPプロキシサーバーは、お使いのデバイスのコールルールを制御します。例えば、複数の電話を同時に鳴らすか、順番に鳴らすかを設定し、内線のボイスメールなど別の宛先に行くまでの呼び出し時間を設定することができます。

SIPプロキシは、どのようにセキュリティを強化するのですか?

PSTNネットワーク、海外、または課金される宛先に電話がかけられると、Proxyサーバーは発信者の身元と信用をチェックすることができます。

これにより、ユーザーのなりすましのリスクを最小限に抑え、疑わしい行為を早い段階でサービス・プロバイダーに知らせることができます。

SIPプロキシサーバーとしての3CX

3CXは、プロプライエタリなPBXに代わるSIPプロキシサーバーで、一般的なSIPソフト/ハードフォン、VoIPサービス、VoIPプロバイダをサポートしています。

3CXをSIPプロキシサーバーとして使用する利点は以下の通りです:

・モビリティが向上します。
・オープンスタンダードのSIPプロキシ – 一般的なSIPフォンやVoIPゲートウェイを使用できます。
・コストのかかる電話番号を不要にします。
・インストール、管理、追加、移動が簡単。
・Windows、Linux、またはクラウドでの展開。
・CRM、ERP、Outlookの統合。
・ベンダーに依存しない。

3CXなど最新の技術情報を公開しております。詳しくは弊社のサポート情報サイトにてご覧ください。
https://portal.cc-arc.com/ja-JP/