注目キーワード
  1. 3CX
  2. オフィス電話
  3. Gateway

Voice over IPとは?

こんにちは。CCアーキテクトのカスタマーサクセス部です。VoIPといえば、何となくIP電話と関係あると思われますが。VoIPは実際どういう意味でしょうか?今回VoIPについて詳しく説明したいと思います。

VoIPとは

VoIP(Voice over IP)は、Voice over Internet Protocolの略で、インターネット接続を介して音声トラフィックを伝送することを指します。従来の電話通信は、公衆交換電話網(PSTN)として知られ、物理的な電話回線、ケーブルシステム、ネットワークを介して動作し、ユーザーは固定電話や携帯電話への通話が可能でした。

しかし、IP電話はより汎用性が高く、音声、データ、ビデオをスマートフォン、ノートパソコン、タブレット端末、IP電話など様々なデバイスに低コストで送信することができます。初期のVoIPサービスプロバイダーは、レガシー電話ネットワークのアーキテクチャを模倣したソリューションを提供しています。

第2世代、第3世代のプロバイダーは、無料通話を提供するプライベートユーザー向けの閉じたネットワークを構築するか、レガシー電話ネットワークのアーキテクチャから完全に逸脱しています。

VoIPソリューションは、ユーザーが電話をかけたいときに、インターネット上の任意の2つのドメインのユーザー間の動的な相互作用を可能にします。VoIPで電話をかけるには、ユーザーはソフトウェアベースのSIP電話プログラムまたはハードウェアベースのVoIP電話を必要とします。

VoIPの電話番号は、PSTNの電話番号と同じように、どこにでも、誰にでも電話をかけることができます。VoIP電話システムには、Voice over IPを利用した様々なアプリケーションやVoIP電話システムがあり、個人向けのインターネット電話だけでなく、フル機能のビジネス通信ソリューションも提供されています。

例えば、3CXは、音声、ビデオ、チャットなどを統合した企業向けコミュニケーション・システムを提供しています。アップルなど最近のデバイスメーカーの多くは、通話とビデオ機能を提供するアップルFaceTimeなど、スマートフォンにネイティブIPアプリを統合しています。

どのように機能するのですか?

Voice over IPは、音声や映像などのデータをデジタル信号に変換し、デジタル・データ・パケットとしてインターネット上に転送するものです。

VoIP技術を利用するには、通話を可能にするVoIPサービスやアプリケーション、インターネットアクセス、SIPトランクまたはVoIPプロバイダが必要です。ブロードバンドや電話会社の中には、IP電話を標準として、あるいは従来のPSTNサービスと並行して提供しているところもあります。

しかし、ほとんどの通信事業者は、徐々にすべてのIP化への移行を進めています。通常の電話サービスプロバイダーがVoIPソリューションを提供している場合、SIPトランクやVoIPプロバイダーを別に採用する必要はありません。

VoIPは、パケット交換技術を使って音声を伝送し、一連のプロトコルを使って通話を円滑にします。これには、インターネット上でメディアを配信するための標準パケット形式を定義したRTP(Real Time Transport)プロトコルが含まれます。

また、SIP (Session Initiation Protocol) は、2人以上の参加者間でセッションを確立、維持、終了するために使用されるシグナリングプロトコルです。音声や映像のデータはパケットに分解され、インターネット上で送信された後、元の音声や映像のメッセージとしてリアルタイムに配信されるように再構成されます。

Voice over IPのメリットは何ですか?

従来の銅線電話システムの代わりにVoIPシステムを選択した企業は、毎月の電話料金の削減、機動性や生産性の向上など、多くのメリットを享受することができます。VoIPは、従来のPSTNを使用した場合、実装が面倒でコストがかかるような作業を容易にし、特徴や機能を提供することができます。

・同じブロードバンド電話回線で複数の電話通話を伝送することができます。このように、VoIPは物理的な回線を追加することなく、企業への電話回線の追加を容易にすることができます。このため、VoIPシステムはより拡張性の高いものとなっています。

・また、転送機能、発信者番号通知機能、自動リダイヤル機能など、通信事業者が別料金で提供している機能が、ボイスオーバーIPでは標準装備されていることが多い。さらに、設定や管理もはるかに簡単です。

・ユニファイド・コミュニケーション(UC)は、3CXのようなソフトウェアやアプリケーションを使用できるため、ボイスオーバーIP技術で安全性が確保されています。このようなソリューションでは、音声通話、ビデオ、インスタントメッセージ、さらにはWebサイトのライブコミュニケーションなど、あらゆる通信機能が提供されます。

・最新の通信ソリューションを使用することで、ユーザーはオフィスの電話番号をどこにでも持ち運ぶことができ、必要なのはインターネットへのアクセスだけです。モバイルデバイス、ノートパソコン、タブレットから会社の電話システムにアクセスし、利用することができるようになります。

・Voice over IPソリューションは、従来の電話システムに比べて大幅なコスト削減を実現します。ユーザーは無料通話や国際電話・長距離電話の低料金を利用することができます。

・また、エージェントの生産性と効率を高める機能を提供するアプリケーションを利用することで、顧客サービスを向上させることができます。さらに、顧客はさまざまなチャネルを通じて企業とつながることができ、コンタクトセンターへの無料通話を利用することもできます。

・VoIPソフトウェア通信ソリューションを導入すれば、リモートワーカーとの連携がより簡単になります。内線は簡単に追加でき、従業員がどこにいても会社の電話システムに追加することができます。

・ファクスは、ほとんどの企業が廃止している時代遅れのデバイスです。しかし、よりシンプルな時代を愛する人々のために、現代のコミュニケーション・ソリューションの多くは、VoIPによって促進される電子メールへのファックスを提供しています。

・システム全体が簡単で、安価に導入することができます。大規模なインフラを必要としないVoIP通信システムは、迅速かつ低コストで導入することができます。さらに、モバイルアプリやウェブクライアントがあれば、デスクホンや高価なデバイスは不要であり、大企業だけでなく中小企業にも最適です。

・ブロードバンドインターネット接続があれば、優れたVoIPサービスはダウンタイムがほとんどなく、優れた通話品質を提供することができます。

VoIPのデメリットは何ですか?

・インターネットの不具合や停電が発生すると、VoIP電話システムが機能しなくなることがあります。また、インターネット接続が悪いと、通話の品質にも影響が出ます。このため、多くの企業はVoIP通信専用のインターネット接続を選ぶことにしています。

・インターネットサービスである以上、サイバー攻撃には弱いです。DOS攻撃や盗聴など、セキュリティ上のリスクは数多く存在します。しかし、信頼できるサービス・プロバイダーやソフトウェア・システムの多くは、こうした脆弱性から保護するためのツールや対策を導入しています。

一般的なVoIPの定義

VoIP – Voice over Internet Protocol (IP Telephony, Internet telephony, Digital Phoneとも呼ばれる) – インターネットやその他のIPベースのネットワーク上で音声会話をルーティングすることです。

SIP – Session Initiation Protocol – IETF MMUSIC Working Groupによって開発されたプロトコルであり、ビデオ、音声、インスタントメッセージ、オンラインゲーム、バーチャルリアリティなどのマルチメディア要素を含むインタラクティブなユーザーセッションを開始、変更、終了するための標準規格を提案しています。

PSTN – Public Switched Telephone Network – 世界の公衆回線交換電話網を集約したもので、インターネットが世界の公衆IPベースのパケット交換網を集約したものであるのと同じです。

ISDN – Integrated Services Digital Network – 回線交換電話網システムの一種で、音声とデータを通常の電話銅線上でデジタル伝送できるように設計されており、アナログシステムよりも高品質で高速な通信が可能です。

PBX – Private Branch eXchange (Private Business eXchangeとも呼ばれる) – 共通キャリアや電話会社が所有する電話交換機とは対照的に、民間企業が所有する電話交換機のことです。

IVR – 電話では、対話型音声応答 – コンピュータ化されたシステムで、電話発信者が音声メニューからオプションを選択するなどして、コンピュータシステムに接続することができます。

DID – Direct Inward Dialing(ヨーロッパではDDIとも呼ばれる)は、電話会社が顧客のPBXシステムで使用するために提供する機能で、電話会社(telco)が顧客のPBXに接続するすべての番号の範囲を割り当てるというものです。

RFC – Request for Comments (plural Requests for Comments – RFC) – インターネットやUnixコミュニティの商用ソフトウェアやフリーウェアで広く使われている、番号付きのインターネット情報文書や標準のひとつです。