注目キーワード
  1. 3CX
  2. オフィス電話
  3. Gateway

SIPプロトコルを使用する際に必要なもの!SIPフォン、VoIPフォンの詳しく解説

こんにちは。CCアーキテクトのカスタマーサクセス部です。以前SIPの基礎知識についてお話しましたが、実際SIPプロトコルを使うとき、どんな端末を使用できるか今回詳しく説明したいと思います。

まずSIPプロトコルを利用する際に、SIP/VoIP電話が必要になります。 SIPプロトコルの詳しい解説は下記にてご参考ください。

VoIP電話とは?

VoIP電話は、LAN(ローカルエリアネットワーク)またはインターネットを使用してIP電話システムに接続されたデバイスです。これに対し、従来の電話は、物理的な銅線で構成されるPSTN電話網で動作すします。

VoIPは、標準的な電話の音声をインターネット上で送信できるデジタル信号に変換し、インターネットから入ってくるデジタル電話信号も標準的な電話の音声に変換します。VoIP電話は、VoIP(Voice over Internet Protocol)を使って、ソフトフォン、モバイル機器、固定電話への通話を可能にします。VoIP電話機は、シンプルなソフトウェアベースのソフトフォン、またはハードウェアデバイスにすることができます。

SIP/VoIP電話の種類大まかに3つ分けております。

SIP / VoIP電話にはどのような種類がありますか?

IP電話のほとんどは、ハードウェアのIP電話でもソフトフォンでも、SIP(Session Initiation Protocol)を使用しています。VoIPフォンの有名なメーカーには、Fanvil、Htek、Snom、Yealinkなどがあります。3CXには、WindowsおよびWeb用の高性能で機能豊富なソフトフォンや、iOSおよびAndroid用のスマートフォン用アプリがあります。

ハードフォン

ハードウェアSIPフォンは、従来のアナログ電話や固定電話に非常によく似ていますが、従来のPSTN電話サービスではなく、インターネット接続を介して通話するために開発された電話機です。

基本的な機能としては、電話の発信・受信、ボイスメール、電話会議など、従来の通話機能が搭載されています。しかし、より高機能なデバイスでは、連絡先へのアクセス、BLF(Busy Lamp Fields)の設定、さらにはビデオ通話を行うことも可能です。

ソフトフォン

ソフトフォンとは、パソコンやタブレット、スマートフォンなどで使用するソフトウェアアプリケーションで、通常のIP電話とまったく同じように動作します。電話の発信や着信といった通常の電話機能のほか、ビデオ会議やインスタントメッセージなど、より高度な機能も提供します。ほとんどのビジネス・コミュニケーション・ソリューションにはソフトフォンアプリが含まれており、小規模企業にとって手頃なソリューションとなっています。

ソフトホンに必要なのは、デバイスに内蔵されたスピーカーやマイク、またはヘッドセットだけです。

3CXの場合は、パソコンのソフトフォンと言えばDesktop Appが良く使われています。携帯の場合は専用アプリがご用意しております。いずれも無料です。

ATAアダプタでアナログ電話を使う

VoIP電話システムでアナログ電話を使用することができます。

ATAアダプターを使い、イーサネットのネットワークジャックをアダプターに差し込み、電話をアダプターに差し込みます。VoIP電話システムのソフトウェアからは、古い電話機が通常のSIP電話として見えるようになります。メーカーにもよりますが、VoIP電話は安価に購入でき、多くのVoIP製品のオンラインショップを経由してオンラインで購入することができます。

VoIP電話システムの人気が高まるにつれ、SIP電話もより広く入手しやすくなり、価格も手頃になりました。3CXは、オープンなSIP標準をベースにしているため、一般的なVoIP電話をすべてサポートしています。また、ほとんどのIP電話機を自動的にプロビジョニングすることも可能です。

VoIP電話システムとはどのような仕組みなのでしょうか?

最新のIP電話システムは、IPネットワーク上で音声とデータの転送を容易にするために、VoIPサービスまたはVoIPプロバイダーを採用しています。従来のPSTN電話回線では、信号は物理的な回線を通じて転送されますが、VoIPではそのようなことはありません。このため、VoIPシステムは本質的に拡張性が高く、銅線配線やインフラを追加することなく、新しい内線や支店を容易に配備することができます。

VoIP電話システムソリューションでは、音声とデータはデジタルパケットに変換され、インターネット経由で転送され、受信者がリアルタイムで取得できるように元のメッセージに再構築されます。IPテレフォニーでは、無料通話や長距離・国際通話料金の割引など、費用対効果に優れています。さらに、コミュニケーションはより柔軟で、よりアクセスしやすくなります。

オフィスの電話システムはオンラインで管理でき、ユーザーはソフトフォンアプリを使って携帯電話から会社の電話番号を持ち歩くことができます。これにより、リモートワークの可能性が広がり、従業員のコミュニケーションとモビリティが強化されます。

一般的なVoIP電話機の特徴は?

最近のデバイスの多くは、基本的な機能、いくつかの高度な機能、そしてカスタマイズのレベルを提供しています。これらは以下の通りです:

・標準的なキーパッドのダイヤルキー
・音量調整
・拡声器
・リダイヤル、転送、ホールド、ミュート、ボイスメールキー
・デバイス間の自動切り替え用ヘッドセットキー
・設定用メニュー/ナビゲーションキー(サウンド、電話転送、時刻・日付、ディスプレイなど)
・会社の電話帳へのアクセス
・BLFキー
・WiFiおよびBluetooth内蔵
・USBポート

より高度なSIPデスクホンは、ビデオ会議とコンテンツ共有をデバイスに統合することも可能です。

VoIP電話の選び方

ほとんどの企業では、ソフトフォンとハードフォンの組み合わせが最適なセットアップになります。3CXでは、ソフトフォンとモバイルアプリが無料なので、両方を推奨しています。デスクホンが必要かどうかを判断する際には、従業員がIP電話を使う方が快適かどうか、また、従業員の役割に適しているかどうかを検討します。

コールセンターのオペレーターは、物理的なデバイスを持つことを好むかもしれませんが、ヘッドセットを使用する可能性が高いため、デバイスをシームレスに接続できるように、BluetoothまたはUSBポートが内蔵されているIP電話を選択します。さらに、ソフトフォンを使用すれば、デスクトップデバイスを使用せずにホームオフィスを簡単にセットアップすることができます。

ちなみにCCAは電話システムの導入だけではなく、様々VoIP関連のハードウェアも取り扱っております。会社用のSIP電話機、ホテル用IP電話機、各VoIPゲートウェイ、ヘッドセット関連など種類豊富に揃っております。詳しくはオンラインストアにてご覧ください。