注目キーワード
  1. 3CX
  2. オフィス電話
  3. Gateway

YouTube で 3CX ビデオ会議をストリーミングする

3cx

3CX V18の更新で、ビデオ会議の機能がさらにアップグレードされました。V18でビデオ会議がYoutubeと連携できるようになりました。ユーザーは、YouTube 経由でライブビデオ会議を開催したり、会議内で直接公開された YouTube コンテンツをストリーミングしたりできます。

3CXビデオ会議をYoutubeで放送する

世界中の人々を一つのオンライン会議室に集め、この会議を何百万人に放送するのは夢ではありません!3CXとYoutubeの統合によって、3CXビデオ会議を使いながらYoutubeで放送することができます。Youtubeのプラットフォームを活用し、動画コンテンツをさらに有効に拡散しましょう。

手順:

1.ご自身もっているYoutubeアカウントにログインし、右上にある「Go Live」ボタンをクリックしてください。(初めてご利用の方はアカウントを確認する必要があり、最大で 24 時間かかる場合があります)

2.「Stream Settings」に「Stream Key」をコピーしてください。
3.3CXビデオ会議アプリを開いて、上にある「共有」>「ビデオストリームを共有」を選択します。

4「Stream Key」を入力し、「Present」ボタンを押します。

ビデオ会議が終了となったとき、ストリーミングも自動に中止します。放送を一時停止したい場合は「コーヒーマーク」をクリックしてください。そうすると、音声が一時的にミュートとなり、カメラがオフに変更します。YouTube側の画面がバナーに切り替えるようになります。

注意事項:

・利用地域によって、遅延発生の可能性がございます。
・YouTube の参加者のチャットは、3CX ビデオ会議プラットフォームでは見たり、応答したりすることはできません。

3CXビデオ会議でYoutube動画を放送する

3CXビデオ会議中に動画を共有したいときとても便利な機能です。発表者は Youtube から公開されたコンテンツを再生できるため、すべての参加者が同時に同じ動画を視聴できます。発表者は動画の再生/一時停止/スキップの制御ができます。

手順:

1.Youtubeを開いて、共有した動画のURLをコピーします。(「Share」を押したら動画のURLが表示されます)

2.3CXビデオ会議アプリで、「共有」>「ビデオストリームを共有」を選択します。
3.「Playback YouTube Video 」に動画のURLを張り付けて、シェアボタンを押します。

注意事項:
・すべての参加者が直接Youtubeの動画をロードするので、動画は一般に公開する必要があります
・Youtube側の広告を飛ばすことができません

現在3CXとYouTubeの統合機能はすべてのユーザーが使用可能ですが、今後Enterprise エディションのみ公開予定となります。興味がある方はぜひこのお試し期間に体験してみてください。