注目キーワード
  1. 3CX
  2. オフィス電話
  3. Gateway

3CX Webmeetingの機能紹介ー画面共有

3cx

こんにちは。CCAのカスタマーサクセス部です。今回は引き続き3CXのWebmeeting機能を紹介したいと思います。普段オンライン会議を行われるとき、画面共有がよく使われますね。当然3CX Webmeetingもこの機能が付いています。

画面共有とは

画面共有またはデスクトップ共有技術により、画面全体または特定のウィンドウを他のコンピューターと共有することができます。専門技術やプラグインを使用することで、プレゼンターは、リモートユーザーに自分のデバイスから画面上のアクティビティを表示する許可を与えることができます。

画面共有は、「チームビューイング」や「リモートデスクトップ機能」と混同されることがあります。これら3つの技術はすべて、リモートデバイスがコンピュータの画面を表示することを可能にしますが、画面共有技術は、表示されたコンピュータを制御したり変更したりする権限を付与するものではありません。

このため、画面共有は、主にコラボレーションやプレゼンテーションのツールとして使用されます。この機能により、販売、サポート、顧客サービスを劇的に向上させることができます。

画面共有の用途は?

完璧なピッチとミーティング

電話で完璧なセールストークを行うのは難しいですが、その必要はありません。デスクトップ共有機能を使えば、オフィスにいながらにして、遠隔地の参加者にあなたのビジネスを紹介することができます。見込み客を手取り足取り、製品やサービスの説明をすることができます。

ビデオ会議ソリューションと画面共有を使って遠隔で会議を行えば、会議の実施、ピッチデッキや営業プレゼンテーションの実施など、時間と費用を節約することができます。

顧客やスタッフへの効果的なトレーニング

デスクトップを複数の会議参加者と共有することで、新製品やサービスをビジネス全体に簡単に展開することができます。世界中のどこにいても、画面共有を使ってチームメンバーとリアルタイムにコラボレーションできるため、オフィスの物理的な制限はもはやありません。

画像、グラフ、チャートなど、同じ画面を共有することで、参加者はあなたが何を言っているのかを正確に理解でき、混乱や誤解を避けることができます。

顧客サービスの向上

画面共有は、顧客サービスやサポートにも活用できます。顧客や同僚からの問い合わせに対して、距離に関係なくトラブルシューティングを行うことができます。従業員がどこにいても、同僚と協力し、学ぶことができます。

さらに、新しいソフトウェアのサポート、技術的な問題の解決、設定の変更を必要とする顧客は、画面共有機能を使用して、ステップごとに説明できる技術アドバイザーと1対1で会話をすることができます。

画面共有のメリットは何ですか?

画面共有機能を使用すると、時間とコストの節約になります。新しい販売機会やトレーニングについて話し合うために、毎回クライアント先に出向く必要はなく、遠隔でセッションを行うことができます。

ビデオ会議ソリューションに共有機能を組み込むことで、現地への出張や海外出張を減らすことができ、経済的にも環境的にもメリットがあります。ウェブ会議にお客様を招待し、画面を共有することで、まるで対面しているかのような対話が可能になります。

3CXは何を提供するのですか?

3CXの統合された安全なビデオ会議ソフトウェアは、2次元の音声通信をインタラクティブな視聴覚体験に変換し、会議の生産性を向上させます。WebMeetingセッションを起動またはスケジュールし、必要な参加者を招待して画面共有アイコンをクリックするだけで、すぐに開始することができます。ビデオやオーディオを再生しながらの画面共有も可能なので、プレゼンテーションに華を添えることができます。

追加ソフトウェアの購入やプラグインのインストールは不要で、必要なのはアクティブなインターネット接続とグーグルクロームまたはサファリのウェブブラウザだけです。

主な機能

・デスクトップや他のアプリケーションを共有
・簡単な操作
・ドキュメントやファイルの共有
・テキストチャットとファイル転送
・ホワイトボード機能
・音声付き画面共有

最後に

3CXはPBXですが、ユニファイドコミュニケーションツールとしても優秀です。Web Meetingの機能も充実しています。3CXの機能をお試したい方には、デモ環境の貸出しが可能なのでお気軽にお問い合わせください。