注目キーワード
  1. 3CX
  2. オフィス電話
  3. Gateway

Microsoft Teamsとの連携とは?

3cx

こんにちは。CCアーキテクトのカスタマーサクセス部です。

3CX version 18のリリースに伴い、Microsoft 365とTeamsの統合は、多くの人がすでに設定・実装している機能となっています。この統合により、TeamsユーザーはTeamsの使い慣れたユーザーインターフェイスを維持しながら、バックグラウンドで3CX PBXのすべての機能を利用することができます。

このブログでは、統合の説明とその利点について説明します。

Microsoft Teamsとの連携について解説

他のプロバイダーのTeams統合とは異なり、3CXは、2つのサービスを接続するためのプロキシ・サービスを提供するサードパーティ製ソフトウェアに依存しません。

3CXの初期インストールが完了したら、専用のSSL証明書を取得し、3CX管理コンソール内で自動生成されるスクリプトを使用して、Teamsと3CX間のリンクまたはブリッジを作成するなど、さまざまな手順を実行する必要があります。この統合では、ダイレクトルーティングと呼ばれるMicrosoftの相互接続機能が使用されます。

Direct Routingとは?

ダイレクトルーティングは、MicrosoftがTeamsをPSTNにダイヤルアウトする機能を持つ電話システムにするために作った技術です。

このダイレクトルーティングにより、他のベンダーは自社のSIPシステムをTeamsに接続し、PSTN接続を容易にすることができ、Microsoftから直接利用できる高価な通話プランの代わりとすることができます。

何か制限はありますか?

はい。Teamsユーザーは、3CX Web Client、モバイルアプリ、またはデスクトップクライアントユーザーが持つ通話中の機能一式に完全にアクセスすることはできません。例えば、3CXユーザーは通話録音を開始/停止したり、通話をビデオ通話に昇格させたり、3CXを使用してビデオ会議を作成したりすることができます。

Teamsを使用して電話をかけたり受けたりしているユーザーは、この機能を利用できません。クロスプラットフォームプレゼンスは現在利用できませんが、現在3CX本社が検討しているようです。

ユーザーフレンドリーなインターフェース

3CX管理コンソールには、Teams統合をセットアップするための完全なステップバイステップガイドが含まれています。管理者は各ステップを簡単に説明でき、ナビゲーションウィンドウの上部から開始されます。

ヘルプガイドは、プロセスを容易にするためのCSR生成ツールを提供します。一度設定すると、管理者はコールキュー、IVR自動応答、リンググループ、ページング、広範なコールレポートの自動生成など、強力なコンタクトセンター機能を設定することができます。Teams電話システムで直接これらの機能を設定することは、サポートされていないか、非常に時間がかかるものです。

Microsoft Teams連携のメリットについて、こちらのページでご覧ください。